01ルームシェアOK! オーナー契約OK!

イメージ

新すまいRoom保険は被保険者だけではなく、同居する方の家財も補償します。1世帯につきお一人が契約されていれば、世帯内の損害をしっかりカバーします。家族はもちろんのこと、カップルでお住まいの方、ルームシェアをされている友人の方も対象になります。
例えば同居人所有のパソコンが盗難の被害にあった、ルームシェアで使用している家具が雨漏りで汚損した、子供部屋の家具が火災によって被害を受けたなど、被保険者以外の同居人の家財が被害を受けるケースというのは少なくありません。
更に、家主様が契約者となって入居者様のために行う保険契約も可能です。

こんな方も安心!

  • カップルで
    お住まいの方

    パートナー様の家財もしっかり補償

  • ルームシェア

    おひとり様の加入で、ルームシェアの皆様の家財を補償

  • ご家族で
    お住まいの方

    もちろんご家族の家財も補償します。

02役立つ第三者向けの賠償責任保険!

イメージ

たとえば自転車事故やお店で商品を誤って傷つけたなど、日常生活の賠償請求も対象になります!

03損害保険金等はお客様の自己負担はありません!

イメージ

新すまいRoom保険では損害保険金等をお支払する際にお客さまからの自己負担額(免責金額)はありません。小さな損害に関しても、きちんと補償いたします。
免責金額とは、事故等で発生した損害の一定以下の額で、お客様が負担しなければならない額のことです。火災保険や自動車保険その他の損害保険では、免責金額を設定して、その設定金額以下の保険金を支払わないことによって保険料を安くするのが一般的です。実際にガラス破損や雨漏りなどのケースで損害額が免責金額を超えなかったために自己負担で修理したという話も少なくありません。

04国内の旅行や出張中の事故・盗難も補償対象!

イメージ

一時的に持ち出された家財、PC・携帯電話も。国内の他の建築物内での事故に備えられます。

05事故後、お部屋の生活が困難ならホテル代も補償します

イメージ

新すまいRoom保険では、家財の補償だけでなく、事故後にお部屋での生活が困難な場合のホテル代も補償額に含まれます。
火災や水害など、住居の多くの部分に損害があった場合、元の生活を取り戻すまでに時間がかかることがあります。その場合、住居が元通り暮らせる状態になるまで、ホテル等に宿泊する必要が出てくることがあります。

  • ※1事故につき、損害保険金×5%を限度
  • ※事故日から30日以内に対応する費用

06家財の損害額は再調達価額基準でお支払いします!

イメージ

新すまいRoom保険は再調達価額の基準で損害額をお支払しますので万一の場合でも損害保険金でそれまでと同等の家財が新品で購入できます。
実際に被害に遭われたときはそれらの家財を買い替える必要が出てきますが、家中にある家具、冷蔵庫、食器類などを全て再調達するには、かなり費用がかかってしまいます。ですが、こういった場合支払われるのは経年劣化を考慮した家財の価額のみ、という場合も多くあります。つまり、保険金だけで新品の家具をそろえることが難しい状況になってしまうのです。

  • ※貴金属等は時価額基準となります。
  • ※損害額は家財の損害保険金額(ご契約プランの額)が限度です。
よくある事故例